中年太り

中年太りのダイエット法

 

ダイエットを決意して食事制限や運動を取り入れても、中年太りの人はなかなか痩せることができないです。中年太りの人がダイエットを失敗するパターンとして、なぜ太ってしまうのかを理解しないままダイエットをすることが多く、痩せることなくダイエットをする前と同じ食事の量に戻ってしまいリバウンドするケースがあります。

 

中高年が太ってしまう原因の多くが、加齢によって徐々に新陳代謝が落ちてしまうことです。新陳代謝というのは生まれた頃から成長期に渡って上がってゆき、10代後半になりますと代謝のピークとなりますので食事量が多くなってきても運動することで太る心配もないです。
ただ30代に入りますと緩やかに落ちてきて60代でドンと下がりますので、年齢に合わせて食事量をコントロールするだけでも中年太りは予防することができるのです。

 

なので上手に体重が落ちるようにダイエットを成功させるには、普段の食事おいて脂質やたんぱく質の働きを抑えることができる抗酸化物質の食べ物を増やし、体内に溜まりやすい糖質の分量を抑えながらも、適度な運度をして新陳代謝を上げたい場合には代謝を上げる食べ物を取り入れることもポイントといえます。

 

食事の分量も落とす時に満腹感がないなと感じてしまうようなら、ゆっくりと噛みながら食べるだけでも中年太りのダイエットには効果が得られやすく、運動することも大事ですが食事面での見直しを重点に置くことが成功するためコツといえましょう。

 

中年太りを解消するには

下半身ダイエットを成功させるための運動とは、どんなものがあるのでしょうか。まずは、自分の下半身が太っている原因を考えて見ましょう。「冷え性で血行不良」、「全身に脂肪が付いている」、「筋肉のつき過ぎ」などが考えられます。女性の多くは、冷え性だと言われていますが、女性は男性と比べて筋肉が付きにくいです。

 

下半身は、心臓から離れているのと体の下にあるために、血流が滞りがちで、リンパの流れも悪くなります。冷え性で血行不良の場合には、血流を良くする運動がお勧めです。
例えば、立ち仕事やデスクワークで体を動かせない時間が長い場合には、仕事の間にトイレ休憩などのときにストレッチをしたり可能な限りで脚を動かすようにしましょう。ヒンズースクワットは、下半身ダイエットに有効なので仕事の合間や入浴後などに取り入れてみるのがお勧めです。

 

全身に脂肪が付いている場合には、ストレッチなどの筋肉を鍛える運動とウォーキングなどの有酸素運動を合わせて行うのが効果的です。
水泳などをしていて筋肉のつきすぎで太く見えてしまう場合には、スポーツ選手並みの運動をやめると徐々にほっそりしてきます。ジョギングなどの激しい運動よりは、ウォーキングのような適度な運動をした方が、脚がほっそり見えます。

 

下半身を細くするダイエット法

続きを読む≫ 2015/07/06 17:40:06